カテゴリー別アーカイブ: 美容

座り仕事は肩を意識すると楽になる

肩や腰に負担のかかるデスクワークですが、関節や座り方を意識するだけで、驚くほど体が楽になります。
肩こりを予防する姿勢を覚えましょう。

肩甲骨に負担のない角度は約30度!肩こり知らずのポーズを覚えよう

デスクワーク中心の仕事をしている人の多くは、慢性的な肩こりに悩まされているとよく聞きます。
この悩みは、座り方を変えるだけでかなり解決することができるのです。

肩の関節である肩甲骨に一番負担のない角度を覚えましょう。
まず、座っているときに上腕が肩甲骨に対して約30度の角度で体の前方向に位置するようにします。
腕が体の真横にピッタリ沿わないというのがポイントです。

これが肩甲骨にとって一番おさまりがいい楽な位置なのです。
仕事中にときどき確認してみるといいでしょう。

こまめにストレッチを行って、肩をほぐすようにしよう

それでも疲れてしまった場合は、肩の筋肉をほぐす、ストレッチをすることをおすすめします。

やり方は簡単。
まず脇をしめて、肩をめいっぱい上げます。
それから、ひじを後ろに引き、肩の骨を意識して、肩をぐるぐると回しながら下していくだけ。
これを数回行って肩まわりをリフレッシュさせてあげてください。

正しい座り方をすれば肩にかかる負担を軽減できる

より疲れを知らずになるための、正しい座り方についてもご紹介しておきたいと思います。

まず、背骨や背筋をまっすぐ伸ばします。
腰かけるときは、腰と太もものラインが直角になるように腰かけましょう。
ひざも直角になるように下します。

これが体にとって、もっともやさしい基本の座り方です。

この姿勢が取れない場合はイスが合っていないことが考えられます。
高過ぎたり、低すぎたり、またクッションが柔らか過ぎても腰の負担になってしまうので、イスも体に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、イスに座るときは、ドスンと一気に腰を下ろすのではなく、ゆっくりと腰を下ろすこと。

長い間イスに座っている状態から立ち上がるときは、ぐーんと腕を伸ばして、体をよくほぐしてから立ち上がるようにしましょう。

これらに気を付けることで、腰への負担を減らし、疲労を軽減させることができます。

座った姿勢を長時間続けると、血行が悪くなります。
そこで、座ったままできる、足の血行をよくする方法をご紹介しましょう。

まず、座ったまま片足を前に伸ばし、そのまま10秒間キープ。
これを左右の足でそれぞれ行います。
次に足の裏を床に付けたまま、かかとだけを上げ下げする運動。
両足で同時に10回を目安に行ってみましょう。
血流が良くなるため、足の疲労とむくみを防ぐことができます。

それができたら、今度は手の疲れも取ってあげましょう。

片手を前に伸ばして、人差し指から小指までを反対の手でつかみ、5~10秒間手の甲のほうに反らせればOKです。

1本ずつの指で行ってから、4本の同時に反らせると、ストレッチ効果がより高まります。
関節には腱鞘というものがあり、この腱鞘が手の骨と筋肉との動きをなめらかにしているのです。
ストレッチで腱鞘をリフレッシュさせてあげましょう。

ヘビースモーカーはしわだらけになりやすい

タバコは気管や肺などにトラブルを起こしてしまうだけでなく、肌にも大きな害があるのをご存じでしょうか。

タバコを吸うと老け顔になる「スモーカーズ・フェイス」とは

タバコが健康に悪いということは多くの人が理解していることだと思います。
分かっているけど、やめられない・・・という人に知っておいてもらいたいのが、タバコの肌に対する影響です。

「スモーカーズ・フェイス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
タバコを吸う人の特徴的な顔のことで、肌は老化が進んでシワが増え、実年齢よりもはるかに老けた顔になるのが特徴です。

なぜ、肌に悪いのかというと、まず、タバコはビタミンCを消費してしまうのです。
するとコラーゲンの生成に必要なビタミンCが不足し、ハリやツヤがない肌に。
さらに、タバコは血行も悪くするため、唇や肌の色はくすんでどんよりとして、増えた活性酸素によってシミもできやすい状態になっているというわけです。
毎日見ている自分の顔だと気づかないかもしれませんが、これはさまざまな追跡調査においても分かっていることです。
防ぐためにも、タバコを今すぐやめることをおすすめしたいと思います。

ストレス解消目的であれば別の方法に変えるべき

タバコはストレス解消法なのでやめられないという人もいるかもしれません。
ですが、ストレス解消法はいろいろあるはずです。
例えば、自分の好きなペットや家族の写真を眺めるだけで、ストレスが解消されることが報告されています。
アロマオイルを楽しむなどもいいでしょう。

また最近は、禁煙パッチや禁煙ガムなどの禁煙を助けてくれるグッズも多いので、是非活用してみることをおすすめします。

家事の最中は前かがみにならない

毎日の家事で、体に負担を抱えている人も、多いのではないでしょうか。
ほんの少し姿勢に気を付けるだけで、かなり楽になります。

姿勢に気を付けるだけで腰への負担が大きく減る

毎日行わなければいかない家事は意外と体力を使うものです。
腰疲れがたまっている…なんていう人もいるのではないでしょうか。
これは台所仕事や掃除などを行うときに、気が付かないうちに前かがみになっていることが原因かもしれません。
そこに大きな落とし穴があります。

実は前かがみ姿勢は、腰にかかる負担が直立時の1.5~2倍以上と言われているのです。
日々行う家事でそれだけ体に負担がかかるのは良くありませんよね。
腰痛の原因にもなりかねません。

そこで、少しでも家事を楽に行うために気を付けていただきたいのが姿勢です。

例えば掃除機をかけるときは、掃除機の柄を長くして使うようにしてみてください。
自然と背筋を伸ばすことができます。

雑巾がけも片方の膝を床に付ければ、背筋を伸ばして行うことができます。

腰に負担をかけず、家事の最中にエクササイズ

また家事には、かなりの運動効果があることが分かっています。
例えば、標準体型の成人の場合、20分間のストレッチは27~34キロカロリー消費するのに対し、同じ時間お風呂掃除をすると51~64キロカロリー、掃除機をかける場合は、46~57キロカロリー消費することになるのです。

そこでさらに姿勢にも気を付ければ、より代謝を上げ、脂肪を燃焼させることができるというわけです。
姿勢を良くすることで、腹筋を鍛えられ、腰に負担をかけずにインナーマッスルを鍛えることにもつながります。

声を出してあいさつをすると認知症にならない

毎朝のあいさつを意識的に行うことで、若々しい脳を手に入れることができますよ!

脳が衰えないように、声を出して元気なあいさつを!

あなたは毎日、自分から進んであいさつをしていますか。
高齢者の施設を運営している人の話によると、自らあいさつできる人は認知症になりにくいのだそうです。
普段から声に出してあいさつをするようにしたいものですね。

コミュニケーションの基本であるあいさつは、家族や友人だけでなく、あまり交流のない知人にもすることをおすすめします。

最初は、無視されるのではないかとドキドキして勇気がいる行動かもしれません。
ですが、あまり知らない相手とコミュニケーションを取れるようになるということはアルツハイマー病を防いで、認知機能の低下を防ぐ有効な手段であることが分かっているのです。

本も声を出して読もう 音読で脳を活性化!

本を読むときも、声に出しながら読む「音読」をするようにしましょう。

音読する際、脳は列になっている文字を認識し、意味を理解します。
それから発語するための運動機能が加わります。
これには脳の前頭連合野、側頭連合野、前頭前野の下前頭回などなど、さまざまな領域が活動する必要があるのです。
実際に認知症の患者に音読をしてもらったところ、認知機能の低下を防げたという報告もあります。
毎朝、新聞を読む習慣のある人であれば、それを音読してみてはいかがでしょうか。

噺家など話すことのプロは、かなり高齢になっても元気な人が多いですよね。
このことからも、「声を出す」ということは脳のためにとてもいいと考えられます。

早寝早起きでホルモンバランスを整える

なんだか最近調子が悪いな~、なんて人に朗報です。
早寝早起きをするだけで、体調の改善が見込まれます。

毎日の早寝早起きで健康のゴールデンリズムを作る

現代は夜でも明るく照らしてくれる電気があるため、不便を感じることがまったくありません。
そして、忙しい現代人の中には、夜遅くまで仕事や勉強をする夜型の生活習慣に慣れてしまったという人も多いのではないでしょうか。

古くからつちかわれた人間の基本の性質として、私たちの体温は朝から夕方にかけて上昇し、夜になると下がっていくようにできています。
もっとも低くなるのは明け方で、そこから体温が上がっていくのです。
体温が上がり始めるときに起きて、再び体温が下がり始める夜に寝る。
実は、この自然な生活リズムこそが健康と長生きのためにも大切なのです。

消化器官や血液循環、内分泌腺、生殖器など生命活動の状態を管理する自律神経は、ストレスによって乱れがちに。
しかし、この自律神経のバランスを整えるために、早起きは効果的です。
朝起きたら一番に浴びる朝日が整えてくれます。

また、全身の細胞の新陳代謝を促し、再生させる成長ホルモンが、夜12時前後に寝ている間に分泌されるということが分かっています。

成長ホルモンは、骨を丈夫にしたり、肌をピカピカにして若々しさを与えてくれるホルモン。
成長ホルモンをたくさん分泌させるために、夜は早く寝ることが大切というわけです。

早寝早起きの生活をしていれば肥満を予防できる

また、肥満を予防したい人にも、早寝早起きは効果的です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は食事から取った栄養素を効率よくエネルギーに変えていく作用のある神経。
副交感神経は、体を休息モードに切り替えて、栄養を体内にため込もうとする神経です。

交感神経は昼間に働き、夜は副交感神経が優位になります。
そのため昼に食べるのと夜に食べるのとでは吸収率が変わってきます。
夜にたくさん食べると吸収率がアップしているため、肥満になりやすいというわけです。

夜は早く寝て、食べないようにしましょう。
そうすれば体重はぐんぐん減っていきますよ。
また、健康のためにも、さまざまな病気のもとになってしまう肥満は予防したいものです。

前向きな思考を心がけると自然に人生も輝く!

人間は睡眠中に脳の中を整理整頓しています。
寝ている間に無駄な情報を消して必要な情報に優先順位を付けたり、まとめたりしてくれているわけですね。

つまり、朝起きたての脳は1日のうち一番スッキリした状態。
1日のうちで一番ベストな状態なのです。
考えごとするなら、断然朝をおすすめします。
ひらめきやアイデアも湧きやすくなっているため、仕事も勉強もはかどりますよ。

また、朝は思考がとてもポジティブになりやすい時間帯といわれています。
決断するべきことや大切なことなどは、朝の間に解決しましょう。
これを毎日繰り返せば、前向きに考えることが習慣になりますよ。

生活の中心を朝に持ってくることで、人生そのものも明るくなっていくはずです。

元気な口の人は長生きできる

口の中の観光を保つことは、体と脳の両方を若々しくする秘訣です。
口の中から元気になれば、元気に長生きできるのです。

唾液で老化を防止する!よく噛んで食事を楽しもう

体と同様に、こまめによく動かしてほしいのが口です。
あなたは食事のときに何回噛んでいるでしょうか。

よく噛むことは健康的に長生きするためにとても大切なことなのです。
少なくとも1口に30回は噛むようにしましょう。

噛むと唾液が分泌されます。
唾液は性かを助ける役割や抗菌作用、歯の表面を清掃し虫歯を予防する効果があるのです。
さらに、老化防止に役立つホルモンが含まれていることも分かっています。

また、よく噛むことは、食事をゆっくり食べることにもつながりますよね。
満腹感が確実に脳に伝わり、食べる量を抑えられるため、ダイエットにもなり、一石二鳥です。

唾液は緊張やストレスが多くなると、分泌量が減ってしまいます。
そうでなくとも年とともに分泌量が減ってしまうので、意識して口を動かす必要があります。
唾液の分泌をどんどん促しましょう。

口を動かすことが認知症予防になる!食事で脳を活性化

東北大学大学院の渡辺誠・歯学研究科教授のグループが行った、仙台市内に住む70歳以上の高齢者対象の、自前の歯の本数が多いことが分かっています。
これは、自前の歯で食べ物を砕いて唾液とともに消化器官へ送り込むことや、歯茎に刺激が与えられることで、血流がよくなり脳が活性化することが考えられます。

自前の歯が一番ですが、もし歯を失ってしまっても、放っておかずに歯医者に相談するようにしましょう。

 

紫外線

太陽光は植物の光合成を助け、あたたかさや光を与え、生命体を支えています。

太陽光に含まれる紫外線は、可視光線より波長の短い電磁波で、その生物学的効果から、長波長域(320~390nm)、中波長域(285~320nm)、短波長域(190~285nm)、真空紫外域(190nmより短波長側)に分類されます。

長波長域、中波長域、短波長域は、それぞれ慣用的にUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれています。

太陽光のよい影響・悪い影響

よい影響

明るさ・生体リズムの調整・胃腸の働きを快調に・気分の爽快感・消化液の分泌・暖かさ・血行を良くする・神経・筋肉の緊張をほぐす・光合成・殺菌・花や果実の色素合成・ビタミンDの生成・カルシウムの吸収促進・新陳代謝の促進

悪い影響

熱中症を起こす・日焼けを引き起こす・DNA損傷・皮膚がん・光老化(シミやシワ)・免疫力の低下・角膜炎や白内障を誘発・物の色を退色させる・物の劣化損傷を促進する

肌を老化させる紫外線

顔、手の甲や腕の外側の皮膚は、子どもの頃から繰り返し浴びている太紫外線によって遺伝子が変異したり、遺伝子の働きに異常が生じ、意外選を浴びていない皮膚よりもシミやシワ、さらに良性・悪性の腫瘍ができます。
これらの変化は光老化(フォトエイジング)と呼ばれます。

http://about-placenta.net/