糖尿病腎症のあなたが摂る無理のない食事量は?

必要エネルギー量(カロリー)

標準体重(身長(m)×身長(m)×22)×22~30キロカロリー

必要なエネルギーは上の計算式で算出されます。

毎日、体重を測定し記録することである程度食事量を把握することができます。

但し、浮腫に注意。

体重が急に増えた場合は塩分の摂り過ぎがないか、食事をチェックしてみましょう。

たんぱく質制限

たんぱく質を制限すると、魚や肉などたんぱく質を多く含む食品から摂れるエネルギー(カロリー)が少なくなり、あなたに必要なエネルギーが足りなくなることがあります。

たんぱく質を多く含む肉や魚・卵・大豆製品・乳製品などから摂れなくなったエネルギーはたんぱく質を含まない食品(油脂類・でんぷん・糖類など)から摂る必要があります。

たんぱく質を含む食品

  • チーズ
  • 牛乳
  • ごはん
  • 豆腐
  • パン
  • ジャガイモ
  • バナナ

たんぱく質を含まない食品

  • 油類
  • ドレッシング
  • 片栗粉
  • はるさめ

糖尿病と糖尿病腎症の食事療法の違い

◎糖尿病食(たんぱく質制限なし)

肉・魚・チーズ・ご飯などをバランスよく摂取する

油類・ドレッシングの適性なエネルギーの摂取

◎糖尿病腎症食(たんぱく質制限あり)

肉・魚・チーズ・ご飯などを制限しながら摂取する

足りない必要エネルギーは油類やでんぷん類で確保

http://hydrogen-abc.xyz/