男女の基本的な違い

男は選択肢が多いと迷う。女は選択から離れられない。

更新日:

買いもののスタイルもそれぞれ

男性と女性では買いものをするときの基本的なスタイルが違います。
たとえばこんなケースに覚えはありませんか?

男性は買いものをするとき、目当てのお店や売り場に向かって一直線に歩いて行き、そこでどの商品を選ぶかじっくり決めます。
男性はデータ重視。
店頭の商品を見比べたり、カタログにかいてあるスペックを見て、あれこれ悩むのが男性の買いものの醍醐味のようです。

女性の場合は目的の場所に向かうまでに時間がかかります。
あれやこれやと寄り道をして、ようやく目当ての場所に到着したら、そこからは即断即決!
ほとんど迷わずに商品を選ぶものです。
女性は直感を重視するため、商品を見た印象で好きか嫌いかを判断し、ものを選びます。

それぞれ欠点も......

男女それぞれの買いものの方法には、それぞれ欠点もあります。

男性は優柔不断な傾向が強いため、どうしても時間がかかりがちです。
ファミリーレストランなどでメニューを見ながら、考え込んでしまう男性は少なくありません。

女性の場合、商品選びに迷うことは少ないのですが、一度決めたらその選択から離れることができません。
その結果、買ってから後悔するという失敗をしてしまいがちなのです。

買いもの中に異性から「どちらがいいと思う?」と聞かれたとき、あなたはどうしますか?
男性が聞いてきた場合は、本当に迷っているということです。
商品を比べて、男性と一緒に選んであげれば解決します。

しかし、女性がこの質問をした場合はどうでしょう。
「変なものをすすめてしまったらどうしよう」などと、困ってしまう男性も多いはず。
女性は買いものの楽しさを共有するために、このような質問をしている場合があります。
一緒に悩んであげるのも、選択肢のひとつです。

-男女の基本的な違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.