男女の基本的な違い

男は近くのものが見付けられない。女は遠くのものが見付けられない。

更新日:

男性は遠くのもの、女性は近くのものをしっかり認識する

男性と女性では、同じ風景を見ていても、同じように見えていないかもしれません。
男女の空間認識能力には違いがあります。
男性は遠くにあるものを見ることに優れており、女性は自分の近くにあるものをしっかり見られるというのです。

これには左脳と右脳の連携能力の違いが関係しています。
男は察しが悪い。女は感情的になりやすい。」で解説しているように男性と女性では脳梁の太さに差があり、左右の脳の連携能力に違いがあります。

物体を立体的に見たり、おおよその距離を測ったりするときは、左右の脳が連携を行っています。
このとき、右目から入った情報は左脳、左目から入った情報は右脳を使って処理します。

男性は左右の脳の連携能力が低い分、左右の目で見た映像の差異が際立つので、奥行きをはっきりと認識しやすいのです。
歩き始めたばかりの子供を比べてみると、女児よりも男児のほうが歩きまわって手がかかるという話を聞きますが、これも男性の脳は距離を掴むのが得意だからです。
男児は遊びながら、自分の空間認識能力を確かめているのです。
「男性のほうが地図をちゃんと読める」というのも、空間認識能力のおかげです。

女性の脳は男性と比べると、左右の脳が密接につながっています。
そのため、空間認識能力は男性ほどではなく、地図を読んだり、車を運転したりするのは不得手なことが多いようです。
しかしその分、目に入った情報をすばやく認識し、処理することができます。
男性には気付けない小さなものごとを発見する能力に優れているのです。
一方、男性は地図を見たり、遠くのものを認識するのは得意ですが、灯台下暗しとでもいうのか、足元がお留守になってしまいがちです。
目の前にあるものが見付からなくて、あちこち探してしまうということがままあります。

異性の脳とは違いがあるということを、必要以上に気にする人がいるかもしれませんが、それは無用な心配です!
練習や慣れによって、苦手なことはいくらでもカバーできます。

-男女の基本的な違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.