男女の家庭関係での違い

男は愛情=義務を果たし続けること。女は愛情=変化に気付くこと。

更新日:

あなたの愛情、伝わっていますか?

大切な妻をとても深く愛しているのに、まったく理解してもらえていない、と悲しい思いをしている男性はいませんか?
夫からの愛情が感じられないと、と寂しく思っている女性もいるのではないでしょうか。

男性は察することが苦手です。
女性のほうはというと、ものごとを事細かに察することができます。
しかし、だからといって、男性の気持ちが女性に完全に伝わるとは限りません。
男女で考え方の基本が違うため、女性のほうも男性の考えを完全に察して、愛情を汲み取ることが難しいのです。
悲しいすれ違いは、そこから生じてしまいます。

夫にとって「いつも変わらないこと」も愛情表現

とくに日本人の男性によくある傾向ですが、愛情を表現することがとにかく苦手です。
長年連れ添った夫婦の間で、夫から妻に「愛してるよ」と声をかける場面は、かなりレアです。

でも、夫が妻に愛情を持っていないわけではありません。
夫側からすれば、毎日の生活サイクルを滞りなくこなすことが愛情表現のひとつなのです。

朝、おはようと声をかけ、行ってきますと会社に出かけ、夜、ただいまと帰宅する。
このパターンを崩さないということは、それだけで最大の愛情表現です。
妻側からすれば、それはただの日常生活であり、プラスアルファの愛情を受け取っていないと感じるかもしれません。
でも、夫は「毎日きちんと家に帰っているのは、愛しているからだ」と考えているのです。

妻は夫に対して、平凡な毎日を過ごせることを、「この人なりの愛情表現なんだ」と受け止めてください。
そこからさらに「もっと愛情表現が欲しい」とアプローチしてみるのです。

夫は信頼だけでなく「愛情表現」を

夫は「お互いに信頼しているから大丈夫。ずっとこのままでいれば、いつまでも愛情を保てるはず」と考えてしまいがちです。
夫からすればそれで満足なのかもしれませんが、妻の場合はそうではありません。

夫は妻のわずかな変化を見逃さず、具体的な愛情表現をするようにしましょう。
いつもよく見ていることを、気にかけていることをアピールすれば、妻にもきっと届くはずです。

-男女の家庭関係での違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.