男女の家庭関係での違い

男は妻がいないと辛い。女は夫がいなくても平気。

更新日:

女性のほうがタフで長生きできる?

男性と女性では、女性のほおうが平均寿命が長めです。
平成26年の厚生労働省「簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は男性が80.50歳、女性が86.83歳です。
女性のほうが寿命が長い理由は、「女性ホルモンが血管に作用して、動脈硬化や高血圧を抑えている」、「女性の脳は老化による萎縮が少ない」、「男性ホルモンには免疫を抑制してしまう作用がある」、「女性より男性のほうがストレスに弱い」などなど、いくつかの要因が組み合わさっているからだと考えられています。

次の調査結果も、男性と比べて女性のほうが長生きをするという事実を物語っています。
アメリカのある大学が調査したところ、妻に先立たれた男性は平均よりも早く亡くなる確率が30%も高いというものです。
しかし妻のほうはというと、たとえ夫に先に亡くしても、このような結果にはならなかったそうです。

男性にとってはショッキングな結果といえますが、これは「妻が夫のことを気にかけていない」というわけではなさそうです。

妻が夫を長生きさせている

この研究結果では「夫は配偶者の死に対して、準備ができていない場合が多い」と推論されています。
確かに、毎日の食事を始めとした身の回りの世話を妻に任せっきりにし、妻がいないと自分の服がどこにあるのかもわからないというような男性は、妻が亡くなると生活が立ち行かなくなってしまうでしょう。

また、女性は「察すること」に優れています。共に暮らしている夫の、わずかな変化を見逃しません。
「具合悪そうだけど大丈夫?ほら、温かいものでも飲んで」なんて細かい気遣いに、助けられたことのある男性は少なくないはずです。
このような妻の愛情があってこそ、夫は健康に長生きできているのではないでしょうか。

男性は家事など日常生活のあれこれを妻に任せっきりにしないように!

掃除をしている妻を尻目に新聞を読むのではなく、男性も家のことに積極的に関わりましょう。

また、男性は女性と比べると他人の状態を察する能力は優れていませんが、他人の状態はわからなくても、自分自身の状況はまだわかるはずです。
体調が悪いときに、パートナーの手をわずらわせることなく、自分の体調を自分で管理できるようになるといいでしょう。

-男女の家庭関係での違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.