男女の仕事での違い

男は好き嫌いに理由がいる。女は好き嫌いに理由がいらない。

更新日:

理屈っぽい男性と直感で決める女性

責任ある立場の人が男性か女性かによって、ものごとをどう決定するかも変わるものです。
何かを決めるとき、男性はデータを最も重要視します。
対して女性の場合は、直感的な「好きか嫌いか」で決めることが多いようです。

男性は「世間的に評価される方法がいい」「成功率が高い方を選びたい」など、正解の選択肢を選ぼうとして、理論的に考えます。
この場合、間違いは極力排除しなければいけません。
そのため、自分が「やはりこれが正しい選択だ!」と納得できるまで、答えを出せません。
男性に「直感的な好き嫌い」は存在しません。
「○○だから好き(あるいは嫌い)」と、理由を明言できるものです。

男性はとにかく会議をしたがる生きものです!
しかし、答えがなかなか見付からず、会議が迷走し始めると、ああでもこうでもないと、議論が延々続てしまうのです。
また、データを重要視するあまり、前例がないことにはなかなか手が出ません。

女性はものごとをパパッと決めがちで、ともすれば「本当にそんなにあっさり決めても平気なの?」と疑問に思っていしまうような選択もします。
しかし、それはまったく根拠なく行っているわけではないのです。
女性は察する能力に優れています。そのため、ひと目見ただけのものから瞬間的に「昔見た○○と似ているからよさそう」「前もこれと同じようなもので失敗したから駄目そう」といった情報を得て、自分の中の過去のデータと比べているものなのです。
ただ、それを理論的に説明するのが難しいため、理由を聞いても「なんとなく好き(あるいは嫌い)」と答えることになるでしょう。

男女の考え方を生かし合う

女性の直感的な選択には、何も根拠がないわけではありません。
本人のこれまでの経験が反映されます。
ここぞというところでは、男性と比べてスムーズにものごとを決定することができるでしょう。
しかし、それはつまり「ひとりよがりな選択になってしまいがち」ということでもあるのです。

男性と女性の考え方には、それぞれ強みと弱みがあります。
最終的な判断まで時間がかかりがちな男性の場合は、候補を何種類かに絞ったら、女性たちにアンケートを取るなどしてもてはどうでしょうか。

女性の場合も、どこかの段階で男性の意見を取り入れるのがベターです。
また、自分が「これが好き」だと感じた理由を、説明できるといいでしょう。

男性と女性では脱毛に関しても考え方が違います。
うなじの産毛を色っぽいと思う男性が多いのに対して、女性はそれをムダ毛と思っているようです。
女性にとっては髪の毛以外はすべてムダ毛なんでしょう。
そのムダ毛処理にオススメなのがエルセーヌです。
ムダ毛処理と同時に美肌も手に入れることができます。

-男女の仕事での違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.