男女の人付き合いでの違い

男は他人の目を意識しない。女は他人の目を意識する。

更新日:

女性は見られることに慣れている?

人と人とが関わる以上、誰の目にもつかずに生活することはできません。
ですが、男性と女性では他人から見られることに対して、意識が大きく違うようです。

大昔から女性は集団での協調性を育み続けてきました。
そして、他人の目に自分がどう映っているかということを常に意識しています。

女性がお化粧をしたり、男性以上にファッションに気を使ったりするのは、必ずしも男性からの視線を気にしてのことではありません。
女性同士の中で浮いたり、おかしく見えたりしないように注意を払っているというのも、理由のひとつです。

男性はというと、女性に比べて他人から見られていることに無頓着であることが多いようです。
多くの男性が他人の目を気にするのは、気になる異性と会うときなど、「ここぞという勝負の場面」くらいのものです。
それ以外では油断してしまうものです。
この傾向は見た目だけでなく言動にも表われがちです。
男性の有名人や政治家が、耳を疑うような失言をしてしまうのも、自分が人から注目されているということを意識していない例のひとつでしょう。

他人の目や立場を気にし過ぎない

人間は鏡を通して自分を見たとき、自分自身を強く意識します。
これは「私はこんな人間だ」という、自己評価につながります。
自分のことをことさら意識している人は、他人からの評価にとても敏感です。

ときに、自分の印象を大きく変えるため、大幅なイメージチェンジをすることもあります。
女性は子供の頃から変身願望を持っており、変わりたいという意識や、変身するための行動力を身につけているのです。
その行動が悪い方向に働いてしまった結果、他人の視線が気になって過剰なダイエットをするようなケースに陥ることも......。
何ごとも気にし過ぎないように、普段から気を付けたいところです。

男性の場合は、自分がどう見られているかをあまり意識していません。
それなのに、自分の能力や地位など、形として見ることができないものごとを気にします。
「自分の立場で、こんなことをするのは恥ずかしい」と考えるのですが、先の失言の例のように、実質が伴っていないことも......。

そんなものを気にするよりも毎日鏡を見るようにしたほうが、恥ずかしい思いをしなくて済むかもしれないのです。

-男女の人付き合いでの違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.