男女の仕事での違い

男は不平等でやる気アップ。女は不平等でやる気ダウン。

更新日:

男女では仕事に対する考え方が違う

プライベートと仕事のバランス感覚は、男性と女性で違います。
女性が考えているいる以上に、男性は仕事を重要視しています。
自分の人生の内、かなり大きな割合を仕事に割こうと考えているのです。

そんな男性にとって、仕事の現場は同僚と勝ち負けを競い合う戦場です!
たとえ、「あくせく働いてまで、出世しようと思わないよ」というようなまったり思考の人でも、同僚と自分を比較したときに「負けている」ような感覚に陥ると、焦りや苛立ちを感じてしまうことがあります。

一方、女性の場合は男性と比べて「バリバリ働いて、周りに差をつけてやる!」というタイプの人が少ないのです。
女性にとって大切なことは同僚との協調性や調和です。

このような男女の仕事に対する考え方の違いを、部下に仕事を割り振る立場の人が完全に把握できているとは思えません。
考え方の違いによる軋轢は、あちこちで生じているのではないでしょうか。

同僚より多くの仕事を割り振られたら?

たとえば男性が仕事を任されたとき、その仕事の量が同僚たちと比べて多い場合はどうなるでしょう。
とくに働き盛りの男性は「自分は期待されている!」と考えがちです。

ではもし、同じよように女性が仕事を任せられるとき、自分ひとりにたくさんの仕事が割り振られたら?
多くの女性は、自分だけ仕事を割り振られると「どうして私だけこんなに?」と、不満を持つのではないでしょうか。

また、控えめな性格の女性であれば「自分ばかり目立ってしまうと、同僚から浮いてしまうのでは?」と、不安になってしまうおそれもあるでしょう。
男性にとってはこれが「自分が目立つためのチャンス」になりうるのです。

勝ち負けを作るか、作らないか

男性は仕事仲間でも、勝敗を重要視しています。
そしてどれだけ苦労をしたかが、自分の評価につながると考えるものなのです。

女性はというと、勝敗よりも人間関係のバランスが大切です。
それが崩れると、不公平感が出てしまうのです。

男性と女性では考え方が違うのですから、会社で部下に仕事を割り振る立場の人は、その点を考えなければいけませんね。

-男女の仕事での違い

Copyright© 男のホンネ 女のホンネ , 2017 AllRights Reserved.