男女の人付き合いでの違い

男は上を気にして話せない。女は周りを気にして話せない。

更新日:

人間関係が面倒なしがらみに?

男性は上下関係を重視し、女性はそれよりも横のつながりを重視しているということは、「男は上下関係が大切。女は横のつながりが大切。」で紹介しました。
そこでも説明した通り、男性の上下関係はときに強いモチベーションを生み、女性のつながりは強い団結力を生むのですが、場合によってはこれらが強い「しがらみ」になってしまうこともあるのです。

たとえば大事な話し合いのとき、男性は上下関係を気にし過ぎて、発言をためらってしまうことがあります。
自分が下の場合は「先輩の意見には反対できない......」というふうに、そして自分が上の立場の場合でも「うかつなことを言うとリーダーとしての立場が……」というような具合にです。
もしかすると、そのとき飲み込んでしまった言葉を実際に提案していたら、いい結果になっているかもしれないのです。
場の空気を維持するのも結構ですが、ときには勇気を出してもいいのではないでしょうか。

協調性が仇になる場面もある

場の空気を維持する、という考え方でいえば、男性よりも女性のほうが顕著な側面もあります。
女性は団結や集団の和を非常に大切にするあまり、一度まとまりかけている状況で、反論する空気を許さないこともあります。
「ここで変なことを言ったら、空気が読めないと思われる」と考えると、たとえその場にいる全員が損をするような提案でも、そのまま通してしまいかねません。

協調性を何よりも重んじる女性同士の集まりでは、一度「和を乱す人」だと思われてしまうと、取り返しがつかないのではないかという心配をすることもあるでしょう。こればかりはなかなか難しいかもしれませんが、対策がないこともありません。
最初にひとつ提案があったとき、すぐさま別の案も提案すること、でしょうか。
「これだ!」と流れが確定してしまう前に、とにかくアイデアを出すことです。

男性同士、女性同士の話し合いで起こる問題の数々は、男女混合で話し合いをすればいくらか解消できます。
男性の多くは何故か、たとえ同僚や同輩という枠組みの中でも、同性と女性を区別します。
同性から言われてカチンとくることも、女性から同じことを言われると「なるほど」と受け入れる人が多いのです。

また、女性だけで決まりかけた事柄に、男性が別案を出した場合も、ちょっとの反発はあるかもしれませんが、女性から女性への意見よりも通りやすいものです。

-男女の人付き合いでの違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.