男女の恋愛での違い

男はケンカをすると黙る。女はケンカをすると泣く。

更新日:

泣くのはズルいわけじゃない

できればいつまでも波風を立てずに、平穏無事のまま過ごせればいいのですが、ときには恋人同士の意見が衝突してケンカになってしまうこともあるでしょう。
男女ではケンカのときの行動も異なります。
ふたりの仲をより早く元通りにするためには、どのように相手をなだめればいいのでしょうか。

女性はケンカの果てに、感極まって泣いてしまうことがあります。
男性は「泣かれたらそれ以上責められないよ!泣くのはズルい!」なんて思うかもしれないですね。
でも、女性は必ずしも「責められたくないから泣いちゃえ!」と思って泣いているわけではないのです。

女性はとても感受性が強いため、脳の働きが激しくなると一種の混乱状態になってしまいます。
泣いてしまうのは、あくまでもその結果なのです。

そのため、無理に女性をなだめようとして、言葉を尽くしても届きません。
男性から女性に対してできる最大の作戦は、女性が泣きやむまでじっと待つことです。
釈明や謝罪をするのは、相手が落ち着いてからにしましょう。

男性は白黒はっきりさせたがる

男性の脳はひとつの行動に集中します。
そのため、考えるときは考えること、話すときは話すこと、そのどちらかにしか集中できません。

男性が黙っているときは、自分の頭の中で何をどうしたいのかをまとめています。
だから、このとき問い詰めるのは逆効果!
男性の考えがまとまるまで、そっと待つのが正解といえそうです。

もしも男性が話すモードのときは、女性は相手の話を聞いて何に対して怒っているのかを察知しましょう。
そして、そのことに対して謝る場合は「具体的に今後どうするか」を伝えるといいでしょう。
男性はものごとの理由をはっきりさせたいのです。

女性と男性では怒る内容も違います。
女性はこれまでのできごとが蓄積され、それが溢れた瞬間に怒るというケースが多めです。
男性のほうはというと、目の前で起きた不快なできごとに対して、理由をはっきりさせて怒ることが多いようです。

いずれにしてもケンカの理由は大抵の場合、後から思い返せばくだらないことでしょう。
ケンカになる前に、普段から話し合いで解決できるよう気を付けたいものですね。

-男女の恋愛での違い

Copyright© 男のホンネ 女のホンネ , 2017 AllRights Reserved.