男女の仕事での違い

男はうんちくが好き。女は生活の裏技が好き。

更新日:

あなたは「響くセールストーク」ができますか?

あなたは自分のトークスキルに自信がありますか?
何気ない会話で相手の興味を引いたり、交換を得ることができれば、ビジネスを有利に進められます。
たとえ営業職でなくても、セールストークのテクニックは磨いておいて損はありません。
顧客や上司、同僚に対してプレゼンを行う場合など、トーク力が必要な場面は多いのです。

「この話題を振れば、相手は必ず興味を持ってくれるはず」と考えて話したのに、異性に対してまったく通用しないというケースはよくあります。
同性なら興味を持ってもらえるのに、どうしてでしょう?
それは、男女で会話の話題そのものに対する好みが異なるからです。
男性にも女性にも「知識欲」があるため、人は基本的に、知らない情報を聞いたり、相手の知らなそうな情報を伝えるのが大好きです。
しかし、求めている情報の方向性は性別によって違うのです。

知りたい情報は男女で違う

男性はうんちくが大好きです。
「本当にそれは必要な情報なの?」というような実用性にとぼしい内容でも、それを知っているということが男性の知識欲を満たします。
男性が複数の商品から選ぶ場合は、細かい性能や仕様をしっかりと見比べます。
具体的な数字を見比べるだけでも、男性は充足感を味わえるのです。
また、取り扱っている会社がどれだけ歴史のある会社かも、吟味する際のポイントになります。

男性向けのセールストークでは、他の製品と比べた具体的な数値を提示していくといいでしょう。
実用面ではあまり差がないとしても、男性はデータ上で有利なほうを選びたいものなのです。

一方、女性のほうは生活の裏技が大好きです。
女性の求めている情報は実用的な生活の知恵です。
女性は普段から「どこどこのコスメは安い割に品質がいいよ!」というような情報を共有し合い、共感しあっています。
たとえ細かい性能や仕様を見せられても、それは共感できない無意味な情報としか感じられません。
そんなデータよりも、実際にどれがいいのか知りたいのです。

女性向けのセールストークでは、商品を実際に使ったときの感覚を伝えるといいでしょう。
また、「この商品を取り入れることで、こんなハッピーなことがありますよ」というストーリーを交えて提案する方法も効果的です。
それに共感してもらえれば、作戦は大成功です。

【PR】
脱毛するなら今がチャンス!1回で今生えているムダ毛が全部つるスベ♪

TBCオリジナルの【TBCスーパー&ライト脱毛】を両ワキなど人気12部位から
1部位を選んで特別体験できます。[初回限定・特別体験]
★今すぐ申込み⇒【URL】http://about-tbc.com

-男女の仕事での違い

Copyright© 男のホンネ 女のホンネ , 2017 AllRights Reserved.