男女の仕事での違い

男の慰労会は成功したとき。女の慰労会は失敗したとき。

更新日:

結論から言うか、途中経過も語るか

ビジネスシーンでは経過を説明するより先に結論から言うことが推奨されています。
たとえばそれが忙しい人への報告であれば時間の節約になりますし、話を途中でだれにくくする効果や、概要がわかっていたほうがその後の話が理解しやすいという効果も期待できるからです。

でも、女性は「結論から言う」ことをあまり好みません。
男は結果を認められたい。女は途中を認められたい。」でも解説している通り、女性は途中経過を大切にしているため、結論までに至る経緯を、順序立てて説明したいと思うのです。
かたや男性のほうは、途中経過を気にせず、結果さえよければなんでもいいと考えがちです。

この違いは、たとえば仕事やサークル活動が一段落ついたときの「慰労会」に大きな景況を与えます。
適切なタイミングで慰労会を開くことで、次へのモチベーションを大きく高める、有意義な会にできるのです。

「終わりよければ全てよし」の意味は、男女で違う?

男性は「最終的にいい結果であれば、途中が駄目でもOK」だと考えます。
しかし女性は「最終的にいい結果だったのだから、途中も全てOKだった」と考えたいのです。
そのため、たとえば女性に対して慰労会で「今回は大成功だったけれど、途中で考え込んでモタモタしていたのは失敗だったな」なんて言うのはマイナスです!
女性の側は「あのとき考え抜いたから、これだけ成功できたのに……」と考えたくなるものです。
それを否定してしまうということは、すなわち成功した結果にまでにケチをつけることにもなってしまうのです!

ただ、女性は「結果的に駄目だったことは、駄目だったのだから仕方がない」と折り合いをつけられます。
失敗に終わったとしても、さっぱり割り切ることができるのです。
そのため、女性はいつまでも「駄目だったね」と話し続けられるので、失敗したときの慰労会ほど盛り上がりするでしょう。
一方、男性の場合はあまり失敗を掘り返すと、くよくよしてしまいます。
ともすればスランプに陥ってしまうこともあるため、慰労会をするならば成功したタイミングがいいでしょう。

人はさまざまな経験を糧にして大きく成長する能力を持っています。
ただ、成長を促すためにどう接してあげればいいかは、男女によって違うのです。

女性が慰労会を開くのは失敗したときですが、絶対に失敗したくないのが脱毛です。
ジェイエステの脱毛なら失敗なくできそうなのでおすすめです。
詳しくはこちらのサイトへ⇒http://about-ジェイエステ.com

-男女の仕事での違い

Copyright© 男と女の関係がうまくいく心理テスト , 2017 AllRights Reserved.