男と女にありがちな違いを徹底比較!関係がうまくいくための35のヒント

異性の反応に「何故?」と思ったら…。

異性とのコミュニケーションで、会話が噛み合わなかったり、相手の行動が理解できなくて困った経験はありませんか?

たとえば「男っていつもこう!」なんて、イライラしてしまった経験のある女性は少なくないのでは?そんな女性に対して「女ってどうしてそんなにカリカリしているんだ?」なんてぼやいている男性もいることでしょう。

男性と女性では、脳の使い方の傾向が違います。異性の考え方に対して、ときに困惑してしまうのは仕方がないことです。だからといって、男女のコミュニケーションが成立しないわけではありませんよね?それぞれに得意な分野、不得意な分野があり、補い合うことで世の中はうまくいっているのです。

「もっと異性のことを理解できれば、スムーズにコミュニケーションできるのになぁ…。」とお悩みの方へ。男性と女性、それぞれにありがちな行動を比較します。

男女の違い まずはここを押さえて

 

1.相手に話を聞いて欲しいとき

男性から女性へ話すとき

「面白い考えだね!そこで思い付いたんだけど...」

女性の発言に共感を示してから、自分の話を切りだしましょう。

女性から男性へ話すとき

「解決したいことがあるんだけど、ちょっと聞いてもらえる?」

男性は目的のない会話が苦手。最初に何をどうしたいのかを言うと、話を聞いてもらえます。

 

2.ケンカになりかねないタブーな行動

男性のタブーな行動

「ふぅ~ん」と、ながらで女性の話を聞く

他人の仕草に敏感な女性は自分がないがしろにされていると感じています。

女性のダブーな行動

「そういえば、あのときも◯◯でさ~」と、同じ話を繰り返す

同じ話(特に愚痴)を延々とすると、理論的思考の男性をうんざりさせてしまいます。

 

3.邪魔なものを片付けさせたいとき

男性から女性へ話すとき

「今月末、◯◯さんを呼ぼうよ。その前に一緒に片付けない?」

人を家に招くなら、片付けなければいけません。また、イベントはモチベーションを上げます。

女性から男性へ話すとき

「集めるのは構わないけど、必ずここにしまってね。」

無理に捨てるのは逆効果。保管場所を決めて飾るものとしまうものに分けてもらいましょう。

 

4.相手のお気に入りを褒めるとき

男性から女性へ話すとき

「かわいいね!」

女性の「かわいい」は見た目の愛らしさだけではなく、幅広い意味を持っています。

女性から男性へ話すとき

「かっこいいね!」

男性は力強いもの、悪そうなものを「かっこいい」と感じています。

 

5.久しぶりに会った異性を褒めるとき

男性から女性へ話すとき

「あれ?雰囲気変わった?さらにきれいになったね」

女性は常に変身していきたいと思っている生きもの。雰囲気の変化を読み取りましょう。

女性から男性へ話すとき

「会話から貫禄を感じるよね」

男性は常に成長したいと思っているもの。ない面の成長を褒めると、満たされた気持ちに。

 

6.ストレスを抱えていそうな相手への言葉

男性から女性へ話すとき

「どうしたの?話を聞かせてよ」

ストレスがたまっている女性の話を聞いてあげるだけで、女性は男性に包容力を感じます。

女性から男性へ話すとき

「無理しないでね」と、そっとしておく

男性にはひとりでぼーっとしている時間が必要。世話を焼き過ぎず、優しい声をかければOK。

 

7.嫌われてしまう!?タブーな言葉

男性のタブーな言葉

「でもそれって、正しくないよね?」

女性は一度に多くの情報を処理できますが、感情的、正論は嫌われがちです。

女性のタブーな言葉

「いちいち言わないとわからないの?」

男性は理路整然としていますが、情報処理能力は劣ります。察しが悪くても怒らないで。

 

8.旅先で恋人を喜ばせたいとき

男性から女性へ話すとき

「俺がここまで案内するから、きみはお土産を選んでくれる?」

男性は地図を見て道案内を。細かいことに気が付く彼女には、お土産選びをまかせましょう。

女性から男性へ話すとき

「はぐれたら不安だから、手をつないでもいい?」

場所の把握が苦手なら、彼に頼ればOK。男性は頼られていると思い、ぐっとくるはず。

 

9.ケンカをしたときの謝り方

男性から女性へ話すとき

(過去のことを蒸し返されている場合)
「そんなこともあったよね。ごめん」

今の問題はそこじゃないと正論を言っても、怒りを増幅させるだけ。ひとまず受け入れましょう。

女性から男性へ話すとき

(今のできごとを責められている場合)
「本当にごめんね。次からは◯◯しないから」

男性は過去よりも今が重要。今のできごとに対して、具体的な謝罪をしましょう。

 

10.どちらがいいか聞かれたとき

男性から女性へ話すとき

「確かに悩むよね。きみは直感でどっちがいいと思ったの?」

女性の「どっちがいい?」は大抵どちらか気に入っているものがあるか、どちらもNGの場合です。

女性から男性へ話すとき

「見た目はこれだけれど、スペックはこちらのほうがいいよ」

スペックや機能面などでアドバイスをしてあげると、男性好みの買い物ができます。

 

恋愛での違い 男女の本音

 

11.第一印象でもてるファッション

男性のファッション

シャツ、白・黒T、スーツ

清潔感が第一。筋肉をアピールするタンクトップや、スタッズ付きのとんがった靴はNGかも。

女性のファッション

シフォンブラウス、膝丈のスカート

かわいらしさを重視。全身ブランドものやギャルファッションは引かれてしまいがちです。

 

12.過去の恋人のことを聞かれたら

男性から女性へ話すとき

「あまり思い出すことはないかな」

嬉々として思い出話をするのは駄目です。過去との決別を示して、彼女を安心させましょう。

女性から男性へ話すとき

「友達の紹介で付き合ったけど、あまり気が合わなかったな」

隠そうとすると、男性は不安になります。彼が安心できそうな、無難な答えを用意しておくといいでしょう。

 

13.ケンカ中の恋人と早く仲直りしたいなら

男性の場合

泣いている女性を抱きしめる

女性が泣きながら抱えているのは孤独感。抱きしめたり、手を握ったりして安心感を与えましょう。

女性の場合

すぐに気持ちを切り替える

黙っている男性は反省中。時間が経ったら気持ちを切り替えて接するだけで、男性は救われたと感じます。

 

14.ケンカ中にうまく思いを伝える言葉

男性から女性へ話すとき

「嫌な思いをさせてごめんね。そんなつもりはなくて…」

まずは謝り、言い訳にならないように、自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

女性から男性へ話すとき

「あなたが大好きだからこそ、◯◯されると傷つくの」

責めるだけでなく、好きだからこそという気持ちを伝えれば、男性のプライドを傷つけることがありません。

 

15.同世代カップルが仲よくいるために

男性の場合

仕事や勉強に打ち込んで、尊敬される部分を磨き続ける

この人についていけば大丈夫だと、女性に思わせることが大切です。

女性の場合

男性を積極的に頼るようにする

男性の成熟を促すと同時に「彼女を守ってあげたい!」と感じさせましょう。

 

16.相手を喜ばせるデートプランは

男性から女性を誘う場合

「夜景の見える話題のレストランを予約したよ」

突然のサプライズと、ロマンチックなシチュエーションに喜ばない女性はいません。

女性から男性を誘う場合

「たまには、あなたの好きな◯◯を見に行かない?」

男性はバイクや車、ゲームなどの趣味にロマンを感じます。ときどき付き合ってあげましょう。

 

人付き合いでの違い 男女の本音

 

17.男女のグループで作業するとき

男性から女性へ話すとき

「みんなで一緒に頑張ろう!」

女性は横並びになって団結することを好みます。自分もその一員としてがんばりましょう。

女性から男性へ話すとき

「◯◯の責任者はあなたが適任だと思うよ」

男性は何かの立場や役割を明確に与えることで、やる気を出すものです。

 

18.異性が特別感を感じる褒め方

男性から女性へ話すとき

「助かったよ!すごく気が利くよね」

他と比べるのではなく、本人や本人の持ちもの、そのものを褒めましょう。

女性から男性へ話すとき

「他の人たちと違うよね。すごいことを成し遂げそう!」

他の誰かと比較して褒めると、男性は自尊心が満たされます。

 

19.話し合いの場に異性が多いとき

男性の場合

ときおり、反対意見を出すようにする

和を乱したくない女性は反対意見を出すのをためらう傾向があるので、男性が補うといいでしょう。

女性の場合

「◯◯さんはどう考えますか?」と、話を振る

男性同士の上下関係のしがらみで話し合いが膠着状態になったら、女性が話を振りましょう。

 

20.世間話の始め方(例:天気について)

男性から女性へ話すとき

「今朝の寒さで玄関にツララができていて…」

身近なエピソードから始めると、女性は話に入ってきやすいものです。

女性から男性へ話すとき

「◯◯さんの予想通り、今日は雪になりましたね!」

ちょっとしたことでも「良く知っていますね」「さすがですね」と持ち上げれば、男性は気持ちよく話せます。

 

21.異性の話を盛り上げる言葉

男性から女性へ話すとき

「わかる、そうだよね。そのときどう思ったの?」

女性に対しては「相手に共感すること」を第一に考えていきましょう。

女性から男性へ話すとき

「すごい、さすが!こんなの初めて!」

男性に対しては「相手を尊敬すること」を第一に考えていきましょう。

 

22.異性に直して欲しい部分を指摘するとき

男性から女性へ話すとき

「そうする気持ちもわかるよ。でもこうすれば、もっとうまくいくんじゃないかな」

共感から入ると「私のこと見抜いている。分かってくれている」と女性は感じます。

女性から男性へ話すとき

「いつも感謝してるよ。それと、こうしてくれるともっと嬉しいな」

男性のプライドを傷つけないため、アドバイスではなく感謝がメインのつもりで。

 

23.年齢を重ねた相手への言葉

男性から女性へ話すとき

「きれいだから、大丈夫だよ」

女性は外見に極端に自信がない人が多いので、自信をつけてあげるといいでしょう。

女性から男性へ話すとき

「もう少し髪を切ると、もっといいかも!」

男性は年齢を重ねるほど外見に無頓着になりがち。女性側から細かいアドバイスをしましょう。

 

家族関係での違い 男女の本音

 

24.夫・妻に頼みたいことがあるとき

からへ話すとき

(休日に趣味の時間が欲しい場合)
「週末の掃除は任せて。来週末は出かけたいんだ」

自分だけの時間が欲しかったり、遊びに行きたい場合は、先に家のことを考えて。

からへ話すとき

(家のことを手伝ってほしい場合)
「息抜きに出かけたらどう?来週は一緒に掃除をしようよ」

自由に過ごせる時間を確保してあげれば、家の用事をスムーズに受け入れてくれます。

 

25.夫婦の会話が減ってきたと感じたとき

からへ話すとき

「今度の休みにデートしようよ」

妻と恋人時代のように接することで、ふたりの間に新鮮な会話が生まれるようになります。

からへ話すとき

「今日、会社で何があったの?」

夫の話を優しく、興味を持って聞いてあげましょう。夫は安心感や信頼感を味わえます。

 

26.愛されている感を与える言葉

からへ話すとき

「あれ?髪型変えた?似合っているよ」

どれだけ長く付き合っていたとしても、細かい妻の変化に敏感であることが大切です。

からへ話すとき

「いつもありがとう。私、あなたに本当に支えられているの」

「察してもらう」のではなく、頼りにしていることや感謝の気持ちを言葉に表しましょう。

 

27.夫婦で長生きするために

がやることは

妻にまかせきりにしない

妻が体調不良のときになどに困らないよう、普段から自分で家事を行うようにしておきましょう。

がやることは

ときには夫に任せる

たまには夫に家事をまかせて。女友だちと旅行するなどして、常に活動的でいましょう。

 

28.子供を安心させる言葉

の関係の場合

「お兄ちゃんに聞いてごらん」

兄は弟に尊敬されるように努力し、弟は兄を尊敬して信頼できるように、導いてあげましょう。

の関係の場合

「ふたりとも同じくらいかわいい!」

姉妹は大きな差をつけるのだはなく、平等に近い関係を持たせることで、信頼関係を結べます。

 

29.怒りを鎮めるコツ

男性女性の怒りを鎮める場合

落ち着くまで待つ 普段からねぎらう

感情的になった女性は支離滅裂になりがち。落ち着くまで待つべし。そして、常日頃から女性をねぎらうのも、怒りを鎮めやすくするコツです。

女性男性の怒りを鎮める場合

とにかく話を聞く

男性は自分なりのルールや考えに則って怒ります。それに耳を傾けましょう。

 

仕事での違い 男女の本音

 

30.頑張って疲れている人をねぎらうとき

男性から女性へ話すとき

「大丈夫?みんなでランチでも行こうよ」

円滑なコミュニケーションには共感が必須。ランチに行って話を聞き、頑張る活力を生み出しましょう。

女性から男性へ話すとき

「あなたはもう十分過ぎるほど頑張っているよ」

男性は自分を追いつめやすい傾向が。様子を察知することに察知することに長けた女性こそ、男性を救えます。

 

31.大きな仕事を成功させた部下・後輩への言葉

男性から女性へ話すとき

「毎日遅くまで頑張ってたからね」

女性は具体的な成果はもちろん、頑張った経過を褒められると嬉しいものです。

女性から男性へ話すとき

「◯割も売上アップなんて他の人にはできないよ」

男性にとっては結果が何よりも大事。具体的な数字で褒められると嬉しいのです。

 

32.仕事をやり遂げた上司・先輩への言葉

男性から女性へ話すとき

「大変な資料作りも、コツコツとなさってましたからね」

隠れた努力を評価されると「こんなところに気付いてくれる!」と嬉しい気持ちに。

女性から男性へ話すとき

「この契約が取れたなんて、すごいですよね!」

わかりやすい実績をストレートに評価しましょう。反対に、失敗したときのフォローは控えめで!

 

33.決断するとき、異性の信頼を得るために

男性の場合

女性の直感的な選択を参考にする

女性からの意見を取り入れつつ、決断に至った理由を話すと、女性の信頼を得られます。

女性の場合

ひらめきだけで決めず、男性の意見を聞く

直感で決めていたとしても、きちんと裏付けを取ることで、男性の信頼を得られます。

 

34.慰労会での話題

男性から女性へ話すとき

途中の失敗を掘り返さない

女性は結果がグッドなら過程もグッドと考えたいもの。途中の失敗に触れる必要はありません。

女性から男性へ話すとき

失敗を何度も掘り返さない

男性にとって、失敗は想像以上の傷。反省も大切ですが、何度も掘り返す必要はありません。

 

35.異性に商品を売り込むとき

男性から女性へ話すとき

「女性からはこのような感想が寄せられています。」

女性は具体的な使用感や口コミなどの情報を重要視しています。

女性から男性へ話すとき

「この商品は現在まで、このように改善されてきました」

使用する上では無意味な情報がセールスポイントになることもあります。

 

投稿日:

Copyright© 男のホンネ 女のホンネ , 2017 AllRights Reserved.